スケールアップした「松戸花火大会 in 2017」を徹底&完全ガイド!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨があけると、いよいよ松戸花火大会ですね!
2017年の松戸花火大会の開催日時は、8月5日(土)19:15〜20:20です。荒天の場合8月6日(日)に順延となります。

会場は江戸川河川敷で約10000発の打上を予定しています。
見所は光・色・音を大切にしている伝統的な花火から近代的なスターマイン、ナイアガラ、音楽花火まで様々な花火が楽しめるところですね。
会場となる江戸川河川敷までは、松戸駅西口を出て徒歩15分ほどで到着できます。

松戸花火会場

ちなみに、毎年約20万人の人出なので、松戸駅周辺は確実に混雑します!
また、花火会場一帯は、17:00〜21:30まで車両(自転車含む)規制で通行止めになります。

松戸花火in2017

交通規制エリア

有料観覧席で「花火+お笑いステージバトル」を鑑賞!

今年度の花火大会より、河川敷の従来の協賛スペースによる観覧スペースの他、より多くの人たちが松戸の花火大会を楽しめるように、有料観覧席を設けることとなったそうです。
これまでも1口1万円の協賛料金を支払うことで鑑賞用スペースで花火を鑑賞できましたが、今年からグレードアップしています。

花火だけでなく、若手芸人たちによるお笑いステージバトルが鑑賞できるので、会社の同僚や友人、恋人どうしで賑やかに楽しむことができそうです。

イス席S 1席5,000円(1,000席)
イス席A 1席4,500円(600席)
BOX席S (いす4脚+テーブル1つ)20,000円(50セット)
BOX席A (いす4脚+テーブル1つ)18,000円(150セット)

購入方法

※コンビニ店頭以外の申込方法では各種手数料等が発生します(有料BOX席は4枚分)

Webでご購入

松戸市花火大会特設購入ページ
CNプレイガイド
ローソンチケット
チケットぴあ

※支払いはクレジットカード決済またはコンビニ支払い
※引取りはコンビニ引取りまたは郵送
※Webでのご購入はシステム利用料216円(税込)他が別途かかります
詳しくはお申込時にご確認ください

▶︎花火大会の詳細は、公式HP「松戸花火大会 in 2017」をチェック!

松戸花火大会 in 2017

歩行者天国でのんびり鑑賞

松戸駅の改札を出てそのまま西口へ向かおうすると、時間帯によっては人混みがすごくて前に進めません。
あくまで、人混みを避けたい方は、東口を出て有名なラーメン屋「兎に角」がある通りを150メートルほど歩くと、西口へつながる陸橋があるので、そこを使うとストレスなく西口側へ渡ることができます。
ちなみに、ベビーカーでも利用できる陸橋もすぐ隣にありますので、子連れにもオススメのルートです。

そこから、河川敷に向かって歩くと、道路一帯が歩行者天国になっているので、お金をかけずマイペースに鑑賞したい人におすすめです。

 

屋上ビアガーデンでビール飲みながら鑑賞

松戸NOTEはさらに一歩踏み込んで、松戸花火大会の楽しみ方を提案したいと思います。
それは、伊勢丹松戸の屋上スペースで、ビアガーデンとともに花火大会を楽しもう企画です。

なお、伊勢丹松戸のビアガーデンを利用する場合、120分入れ替え制の食べ放題+飲み放題で、男性3801円、女性3401円、中高生1801円、小学生1001円という料金設定です。
松戸でビアガーデンを楽しみたい方は、花火に限らずオススメです。

松戸花火大会の穴場スポットで鑑賞

最後に、ネット情報ですが松戸花火大会の穴場スポットを紹介したいと思います。

対岸の葛飾区側
松戸市側ではなく、対岸の葛飾区側で花火を楽しもうというわけです。
具体的には東金町7丁目辺りです。
電車で行く場合はJR金町駅を利用するのが狙い目で、金町駅から徒歩25分の河川敷だそうです。

葛飾橋付近の小山交差点の河川敷
花火が上がり始めてからも苦労せずシートを敷けるほど空いている穴場スポットです。
・松戸駅から1km以上歩く
・コンビニ、屋台、露店のたぐいがない
・トイレがない

穴場には穴場なりの不便な事情があるようですが、のんびり楽しみたい方にはおすすめですね。
では、8月6日が晴れることを祈って(荒天時は2016年8月7日に延期)、当日、松戸花火大会を楽しみたいと思います。

 

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎大好きなラーメンが見つかる!松戸で人気のラーメン店 ジャンル別まとめ
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10
ラーメン初心者でも食べられる「中華蕎麦とみ田」の攻略法
▶︎松戸のトレンド情報をブログで配信中!

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に1〜2回のペースで更新していくので、ぜひ、いいねで応援してもらえると嬉しいです。
あなたの「ポチッ」とが、記事を書くモチベーションになります!

Facebookでも記事配信中!

トップページへ戻る

Higashi

Higashi

2014年3月から松戸に住み始めて、2015年11月に松戸のブランディングを目的とした「松戸NOTE」を、プライベートでスタートしています。
オフィシャルでは、インターネット業界でマーケティングの仕事をしています。
松戸に住んでる人たちが、ちょっと自慢したくなるようなお店やイベントを見つけては取材して記事していく予定です。
Higashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ

一流ソムリエが教えるワイン塾



松戸のランチ情報

  1. 戸芽主 (ドメーヌ)の店内
  2. 中華蕎麦とみ田

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP