フルート奏者の伊東優梨

松戸出身のフルート奏者「伊東 優梨」後編 ―松戸で音楽を活性化したい―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松戸NOTEでは、いままで松戸の素敵なお店やスポットを取材してきましたが、松戸の人にも注目していくことにしました。
第2回目は、松戸出身のフルート奏者として、都内のライブハウスやコンサートホールでフリープレーヤーとして演奏活動をされている伊東優梨さんにお話を伺っていて、今回はその後編になります。(前回の記事はコチラ

―松戸で音楽を活性化するってどんな状態なんでしょう?

伊東:流山は、市役所やおおたかの森で演奏できるのですが、松戸は他と比べるとクラシック音楽を演奏するスペースがない印象です。
また、流山だと、私たち音楽家協会が裏方になって市民のアマチュアをサポートして音楽を活性化させているんです。
松戸にも、アマチュアで吹奏楽をやっている方たちがいるんですけど、そういう方たちともっと一体になって松戸を音楽の街にしていきたいです。

―流山にはおおたかの森があありますけど、松戸だったらどこで演奏しますか?

伊東:伊勢丹松戸店の前や、駅のロータリーですかね。

―松戸だと戸定邸でもたまに演奏会やっていますよね。

伊東:戸定邸は新日本フィルハーモニー交響楽団とゆかりが深いのですが、松戸はクラシック音楽をやっているプレーヤーが多いので、もっとそういう人たちを巻き込んでいくイベントや団体組織があってもいいのになって思います。

―話は松戸から変わりますが、最近、目黒で音楽の指導も始められたんですよね。

伊東:そうなんです。下の年代は小学3年生から、上は40代、50代から教えてます。せっかくフルートをやるなら可能性を狭めたくないので、プロを目指していなくても基礎をしっかり教えるようにしています。

―プロの演奏家ということもあって指導は厳しそうですね

伊東:怒ったらいけない子には気を配りますけど、基本的には怒りますね。その場でなおせることを伝えて、同じミスをするのはその子の実力じゃないし集中力の問題だったりするので怒ります。そのかわり、できたらほめるようにしてますよ。

―指導されるさいに心がけてることはありますか?

伊東:私が指導する子たちは、吹奏楽部をやりながら通う子が多いんですけど、学校で手取り足取り教えていることをもどかしく感じていて、それがその子の可能性をつぶしている気がするのですぐに答えを教えないようにしています。

―それはどうしてですか?

伊東:この曲はこんな感じと最初から伝えてしまうと他のイメージができなくなってしまうんです。音楽は、同じ曲でも演奏者によって全然違うところが魅力なので、その楽しさを伝えることが大切だと思っています。

―もっと自由にやっていいんだよってことですか?

伊東:たとえば大きく吹くでも、ただ大きくではなくて、いろんな意味がこめられたりするので、何週間も何ヶ月も悩んで答えを出すことがすごく大事なんです。ずっしりと重い大きくなのか、力強い大きくなのか、答えはないので自分で考えるのが音楽なんです。

―それだけ自由を尊重すると指導も難しそうですね

伊東:私は意味をもって練習することが大事だと思ってるので、練習を押し付けないようにしています。たとえば、こういう練習がいいんじゃないという投げかけはするようにしていますが、1日何時間やりなさいみたいなことは言わないようにしていて、こういうことができるように、自分でもっと考えなさいという感じですね。

―生徒はどういう反応をするんですか?本来の曲調からそれてしまうこともありますよね?

伊東:それが意外と小学生でも伝わるんですよ。それに、大きくそれているようでも、考えてきた結果なので、ちょっと直してあげれば軌道修正できるんです。

―教えすぎない指導に情熱をもたれてるんですね。

伊東:生徒が何かを発見したときは顔にでるので、それがやりがいでもありますね。私の生徒たちは週に1回のレッスンで驚くほど成長していて、子供の成長ってすごいなと実感しています。そんな大事な時期に、間違った指導方法によって音楽が嫌いになる子も多いので、もっと本来の楽しさを知ってもらいたいなと思っています。

―私も幼い頃音楽をやっていた時期がありますけど、ひたすら反復練習をやらされて嫌いになりましたね。音楽の楽しさに気づいていれば、もっとやれたんでしょうけどね。

―最後に、松戸のおすすめのお店を紹介してもらえますか。

伊東:私は、幼い頃からラーメンが好きなので、お気に入りのラーメン屋の紹介になります。場所は北松戸で「屋台ラーメンとんこつ貴生」というお店です。

―おすすめのポイントはどんなところですか?

ラーメンの上に辛い味噌ホルモンがのっているんですが、それが超おいしいんです。深夜3時まで営業されているので、ぜひ足を運んでみてください。

―インタビューは以上になります。貴重なお時間をいただきましてありがとうございました。

いかがだったでしょうか。松戸は吹奏楽部のレベルが高い街なので、その環境をいかして音楽を身近に感じられる街になったら素晴らしいなと思いました。音楽で松戸を活性化させたいと思ってる若い演奏家たちが活躍できる場を増やしていきたいですね。

 

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎ラーメンの激戦区、松戸でおすすめのラーメン店
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に1〜2回のペースで更新していくので、ぜひ、いいねで応援してもらえると嬉しいです。
あなたの「ポチッ」とが、記事を書くモチベーションになります!

Facebookでも記事配信中!

トップページへ戻る

Higashi

Higashi

2014年3月から松戸に住み始めて、2015年11月に松戸のブランディングを目的とした「松戸NOTE」を、プライベートでスタートしています。
オフィシャルでは、インターネット業界でマーケティングの仕事をしています。
松戸に住んでる人たちが、ちょっと自慢したくなるようなお店やイベントを見つけては取材して記事していく予定です。
Higashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ



直近のイベント

11月
25
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
11月 25 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。

松戸のランチ情報

  1. 戸芽主 (ドメーヌ)の日替わり定食

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP