松戸で「マンガ別荘」を作るプロジェクトが始動!目標金額60万円!【10/23まで】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【マンガ×民泊】テーマ型民泊を創り出す”マンガ・ヴィラ”プロジェクト、始動!

松戸で「マンガ別荘」を10部屋ほど作ろうとしている人がいます!
え??ん?? 何だって? とまあ、それが普通の反応ですよね。でも、大事なことだからもう一度言いますね(笑)

松戸で「マンガ別荘」を、10部屋も作ろうとしている人がいるんです!
秋葉原でも池袋でもなくて、この松戸でですよ。

それにしても、「マンガ別荘」ってすごいこと考えますね。
しかも、ただマンガを置くのでなくて、「運命の一冊との出会いを提供する」というマンガサロン「トリガー」のミッションに共感し、何かしらテーマ性を持ったマンガの部屋を作ろうということで、「マンガ・ヴィラ」プロジェクトが始まったわけです。

「マンガ・ヴィラ」プロジェクトのコンセプトは、「マンガ×民泊」です。つまり、ただ民泊をやるのではなくて、テーマ型民泊を松戸で実現しようとしているんです。

ba244a4bb1dba5e2424f7db9ab451091

「痛部屋」や「昭和部屋」等コンセプトを持った民泊を松戸で展開!

その仕掛け人は、松戸で民泊を展開している鈴木直樹さんです。鈴木さんは、16歳で不動産業界に入り、一貫して不動産の仕事をしています。
2012年にはお部屋探しサービス「Nomad(ノマド)」を創業。その後、民泊の運営を始め現在では20部屋以上を松戸で運営しています。そして、じつは外国人を対象とした「MATSUDO NOTE」への記事提供者でもあります。

イラストレーターにより描き下ろしイラストを配した「痛部屋」

一晩をしのぐための部屋というより、せっかく貴重な時間を過ごしてもらうなら、貴重な体験を提供したいという想いがあり、これまで鈴木さんは、「痛部屋」や「昭和部屋」等コンセプトを持った民泊を手がけてきました。

通常、民泊のメインのお客さんは外国人ですが、今回の「マンガ別荘」では、まずマンガの良さをわかっている日本人に利用してもらい、その上で、海外からの利用客に、日本のマンガの良さをわかってもらいたいそうです。

それでは、その「マンガ別荘」とは一体どんなものなんでしょうか。鈴木さん曰く、ただマンガを読んでもらうスペースではなく、「マンガを読む体験」を提供したいのだそうです。
インテリア等部屋を構成するものにもこだわり、最高の空間でマンガを読める部屋づくりを目指していくとのことです。

民泊による空き家、空き部屋対策が街の活性化つながる

話題性のあるプロジェクトが松戸で始まろうとしていることに正直驚いていますが、もし実現したらこの部屋に泊まることを目的に全国や世界各地から松戸に滞在する人が増えるわけで、観光が弱い松戸にとっては良い話になりそうです。

実際のところ、鈴木さんが民泊をやっている背景には、空き部屋や空き家対策をすることで地域活性化につなげたいという想いがあるそうです。

レトロ感満載の小道具を散りばめた「昭和部屋」

クラウドファウンディングで皆さんからの支援を募集しています!

そんな「マンガ別荘」を松戸で10部屋も実現しようとしている「マンガ・ヴィラ」プロジェクトですが、資金調達のためにクラウドファウンディングで支援を募集しています。
いくつかプランはありますが、一口3000円で完成披露、内見会に招待され、一口5000円で一泊チケットがついてきます。

目標金額60万円に対して、2016年10月7日現在で集まっているお金は8万円です。
期限は10月23日23時59分まで。

「松戸をマンガの聖地にして街を活性化させよう」というビジョンを応援したい方、「マンガ別荘」に泊まりたい方、松戸を面白い街にするの賛成という方は、ぜひクラウドファウンディングで、「マンガ・ヴィラ」プロジェクトを応援しましょう!
クラウドファウンディングのページはコチラ

 

制作スケジュール

2016年10月下旬〜 工事開始
2016年11月中旬〜 ご支援者様優先提供開始
2017年12月〜 一般提供開始

※上記スケジュールは予定のため変更になる可能性があります。

 

集まった支援金の用途と内訳

部屋の改装費 40万円(家具・家電含む)
マンガ購入費 10万円
手数料ほか諸費 10万円

 

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎大好きなラーメンが見つかる!松戸で人気のラーメン店 ジャンル別まとめ
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10
ラーメン初心者でも食べられる「中華蕎麦とみ田」の攻略法
▶︎松戸のトレンド情報をブログで配信中!

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に1〜2回のペースで更新していくので、ぜひ、いいねで応援してもらえると嬉しいです。
あなたの「ポチッ」とが、記事を書くモチベーションになります!

Facebookでも記事配信中!

 

トップページへ戻る

Higashi

Higashi

2014年3月から松戸に住み始めて、2015年11月に松戸のブランディングを目的とした「松戸NOTE」を、プライベートでスタートしています。
オフィシャルでは、インターネット業界でマーケティングの仕事をしています。
松戸に住んでる人たちが、ちょっと自慢したくなるようなお店やイベントを見つけては取材して記事していく予定です。
Higashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ



直近のイベント

11月
25
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
11月 25 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。

松戸のランチ情報

  1. 弥栄 麺

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP