思わず手にとって自慢したくなるようなフリーペーパー『MATSUDO PAPER』創刊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真やイラストを中心に松戸の魅力を伝える

10月1日に松戸のフリーペーパー『MATSUDO PAPER』が創刊されました。しかも、ただのフリーペーパーではありません。とにかく紙面がカッコイイのです。

「松戸ってこんな面白いことやってるんだ」と、周囲の人たちにちょっと自慢したくなるようなフリーペーパーにしたいということで、ロゴやフォントといったデザインにこだわり、松戸の魅力を写真やイラストをメインに伝えています。このフリーペーパーは、松戸市文化観光国際課の協力のもと、グラフィックデザイナー、写真家、イラストレーターなどのクリエーターが中心となって組織された「MATSUDO PAPER製作委員会」によって制作されています。

創刊号のテーマは「食欲の秋、という誘惑。」ということで、カフェ「One Table」のサンドイッチや、農家「タケイファーム」の金美ニンジンを取り上げ、松戸での「食」の楽しみ方が紹介されていました。

今回、「MATSUDO PAPER製作委員会」のメンバーであり、発起人でもあるグラフィックデザイナーの佐藤大輔さんに『MATSUDO PAPER』についてお聞きしました。

『MATSUDO PAPER』の3つの特徴

『MATSUDO PAPER』には3つの特徴があるそうです。1つは、文字情報が多くなりすぎないように写真やイラストをメインにしている点です。これには理由があって、文字が多いと読む人が少ないんじゃないかと考えたからだそうです。
「直感的に手に取りたくなるようなメディアが松戸になかった」と語る佐藤さんが、それなら自分たちでカッコイイものを作ろうと思って周囲に呼びかけて制作したのが『MATSUDO PAPER』というわけです。

2つめの特徴は、松戸だけでなく常磐沿線にフリーペーパーを配布している点です。『MATSUDO PAPER』なのに、松戸以外の場所に配布している狙いは何なのでしょうか。
佐藤さん曰く、常磐沿線を中心に松戸を盛り上げていかないと、松戸だけで盛り上げるのには限界があると考えているからなんだそうです。
常磐沿線の人たちに、松戸に興味を持ってもらうきっかけとして、『MATSUDO PAPER』が一役買うことができればと考えているそうです。

たしかに、松戸から柏や北千住、亀有へ足を運ぶ人は多いと思いますが、その逆も増やしていかないと、松戸の商業は盛り上がっていかないですよね。

3つめの特徴が、とくにユニークだと思うのですが、1つの記事に日本語と英語の文章が掲載されている点です。
これには、2020年の東京オリンピックを見据えて、外国人の観光客に松戸へ興味をもってもらいたいという狙いがあり、松戸の魅力を英訳して発信しています。

MATSUDO PAPER製作委員会

創刊号を祝して、MATSUDO PAPER製作委員会の打ち上げが「One Table」で行なわれました

読んだあとの捨て方までカッコ良さにこだわる!

そんなユニークな『MATSUDO PAPER』ですが、じつは、グラフィックデザイナーの佐藤さんならではの面白いアイデアが隠されています。

佐藤(以下敬称略):「もともとパブロイド紙ということもあり読んだ後は捨てられるので、捨て方まで提案したいと考えています。どうせ捨てられるんなら、こんな捨て方どうですかという提案ができると素敵なんじゃないかという発想ですね」

佐藤:「たとえば、故郷へ荷物送るときのクッション材として丸めてつめてもらって、その荷物を受け取ったお母さんが、中の荷物と一緒に読んでくれると日本中に広がるんじゃないかなとか夢のような話ですけどね」

―インターネットにはない紙の媒体ならではの広がり方ですね

佐藤:「そうですね。思わず手にとって、思わず話題になって、そういう風に広がっていけばいいと思っています」

佐藤:「ほかには、素敵なデザインのペーパーだなと思ってもらって花束を包む紙にしてもらったり、靴の湿気を取るために新聞紙を使ってやっていたものを『MATSUDO PAPER』でやると綺麗にできたりと、最後の使われ方の提案も考えていきたいです」

MATSUDO PAPER

次回の配布部数は5000部、配布先も募集中!

そんな『MATSUDO PAPER』ですが、市内の飲食店や、千葉大学や聖徳大学、旧・原田米店のひみつ堂といった場所にも設置されています。ほかには、松戸駅の改札口にキヨスクがありますが、その隣にラックがあって毎日補充しているそうです。

創刊号の配布部数の目標は3000部だったそうですが、つぎは5000部を予定しているということで、配布先も募集しているとのことです。『MATSUDO PAPER』をぜひ置きたいという方がいらっしゃいましたら、ページ下に設置したお問い合わせフォームよりご連絡ください。
次回の発行予定は12月末、3月末を計画しているということです。ぜひ手にとってみて、松戸のちょっと自慢したくなるような魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎大好きなラーメンが見つかる!松戸で人気のラーメン店 ジャンル別まとめ
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10
▶︎松戸のトレンド情報をブログで配信中!

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に2回のペースで更新しています!
Facebookでも記事配信中!

 

▶︎トップページへ戻る

Higashi

Higashi

2014年3月から松戸に住み始めて、2015年11月に松戸のブランディングを目的とした「松戸NOTE」を、プライベートでスタートしています。
オフィシャルでは、インターネット業界でマーケティングの仕事をしています。
松戸に住んでる人たちが、ちょっと自慢したくなるようなお店やイベントを見つけては取材して記事していく予定です。
Higashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ



直近のイベント

11月
25
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
11月 25 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。

松戸のランチ情報

  1. キアンキャバブ ケバブ丼
  2. 源平うどんの釜玉うどん

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP