モンラパン

松戸で実現した奇跡のランチ!住宅街に佇むフランス料理レストラン「モン・ラパン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅街に佇む家庭的なフランス料理レストラン

久しぶりの松戸ランチ特集は、「松戸NOTEブログ」でも紹介した「モン・ラパン」です。リーズナブルな価格で、本格的なフレンチが食べられるということで、ずっと気になっていました。

料理長の倉持昌克シェフは、あの名店「シェ松尾」や銀座ホテルモントレの高級レストラン「エスカーレ」で修行された経歴の持ち主で、化学調味料を一切使用せず、地元の野菜を使った身体にやさしいフレンチが特徴としているそうです。

個人的に、フレンチは丸の内や銀座の素敵なレストランで緊張しながら食べるより、郊外の小さなレストランで和やかな雰囲気とともに食事をするのが理想だったりします。
一度行ったらそれで終わりの非日常的なレストランより、年に何度か足を運べるような日常的でかつ素敵なフランス料理レストランがあったらいいなと思っていたのです。

フランス料理 モンラパン

お客にとって特別なレストランなのが会話や声のトーンで伝わってくる

そんな期待を胸に、土曜日の13時、子連れで電車に乗りました。向かうは北小金駅です。駅から北口へ出て柏駅方面へ歩くと、徒歩1分の距離にレストランがありました。
中へ入ると、パリ郊外にある小さなレストランのようなアットホームな空間が広がっていました。印象的なのは、ほぼ満席にちかい状況のなか先客たちが作り出す雰囲気です。肩肘はってフレンチを嗜んでいるわけでもなく、だからといって適当に食事をとっているわけでもない、ここにいる皆がこのレストランで食事をするのが楽しいと感じているのが、何気ない会話や声の調子で伝わってくるのです。
おそらく常連さんも何組かいたと思われるのですが、お店の人と親しげに話しつつも気を遣っていて、お客に愛されているなと感心しました。

土日限定ランチメニューは満足度が高い

さて気になるメニューですが、土日は限定ランチメニューしかやっておらず、お手頃なところでミニコース1,980円、つぎに本日の選べるチョイスランチが2,450円、そしてフルコースが2,980円といった内容です。
これを高いととるかですが、食べてみて思ったのはコスパで考えるなら断然安いです。私たちは、ミニコースを注文したのですが、フルコースの間違いなのではないかと思うボリュームと満足度の高さでした。

まず、ドレッシングで味付けされた、何の変哲もないサラダが運ばれてきたのですが、これは前菜ではなく”お通し”のような位置付けでした。そして、この何の変哲もないサラダが美味しいのです。
この手のドレッシングってもっと酸っぱい印象だったのですが、初めて食べる味のサラダです。どこにでもあるサラダ、誰でも作れるサラダが、すでに他のレストランとは違っていました。

雰囲気は家庭的だけど料理は本格的!

そんな驚きは序章に過ぎず、つぎに運ばれてきた前菜盛り合わせに圧倒されます。見た目が美しい。そんなことよりも、1000円代のランチに、こんな前菜盛り合わせ出してくるお店があることに驚きました。

モンラパンの前菜

ランチメニューとは思えない前菜盛り合わせ

前菜の内容は、いなだの刺身に塩こんぶを添えたもの、スペインオムレツ、ラタトゥユ、アグロとアボガドのタルタル仕立てなどです。
どれも美味しかったのですが、いなだと塩こんぶの組み合わせは、塩気がちょうど良いアクセントになっていて印象的でした。それから焼きたてのパンですが、やわらかくふっくらしていて、お替わりもできます。

そして、いよいよメインメニューですが、妻が「柔らかく煮込んだ豚肉の香草パン粉焼き」、私が「国産鶏もも肉のコンフィ」を注文しました。
豚肉の香草パン粉焼きは、肉厚の豚肉にパン粉が香ばしくのっていて、口の中に入れるととろけるほどやわらかく煮込まれていました。味付けが上品で濃くないのもいいですね。

フランス料理 モンラパン

柔らかく煮込んだ豚肉の香草パン粉焼き

それは、私がオーダーした鶏もも肉のコンフィにもいえることで、今まで食べてきたコンフィの味が間違いでしたと言わんばかりの絶妙の塩加減でした。こちらもフォークで簡単に肉を千切ることができるほど柔らくなっていて、マスタードをつけて美味しくいただけました。

また行きたい!何度でも足を運びたい!印象に残るレストラン

最後は本日のデザート2種と飲み物です。私たちは、子供の都合で先に飲み物を頼みましたが、紅茶と一緒にアイスと洋菓子を食べて締めくくれたら最高だったでしょうね。

モンラパンのデザート

というわけで、私にはこれだけのボリュームと満足度が1,980円で味わえることに感動しました。松戸だからこそ実現できる奇跡のランチメニューなんじゃないでしょうか。

「モン・ラパン」が、お客たちに愛されている理由がわかりました。私にとっても、また行きたい、何度でも足を運びたくなるレストランになりそうです。

 

店名:モン・ラパン
住所:千葉県松戸市東平賀3-1
営業時間:11:30~14:00、17:30~23:00(L.O)   日・祝日17:30~22:00(L.O)
休み:不定休

 

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎大好きなラーメンが見つかる!松戸で人気のラーメン店 ジャンル別まとめ
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10
ラーメン初心者でも食べられる「中華蕎麦とみ田」の攻略法
▶︎松戸のトレンド情報をブログで配信中!

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に1〜2回のペースで更新していくので、ぜひ、いいねで応援してもらえると嬉しいです。
あなたの「ポチッ」とが、記事を書くモチベーションになります!

Facebookでも記事配信中!

 

トップページへ戻る

Higashi

Higashi

2014年3月から松戸に住み始めて、2015年11月に松戸のブランディングを目的とした「松戸NOTE」を、プライベートでスタートしています。
オフィシャルでは、インターネット業界でマーケティングの仕事をしています。
松戸に住んでる人たちが、ちょっと自慢したくなるようなお店やイベントを見つけては取材して記事していく予定です。
Higashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ

一流ソムリエが教えるワイン塾



松戸のランチ情報

  1. Humton ポークステーキ
  2. 富田食堂の外観

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP