アマイアアゾーラの壁画

松戸に滞在中のアーティストの作品を見に行こう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは「アート」と聞くとどんな印象を持ちますか?
「苦手」、「得意」、「絵が下手」、「何が良い作品なのかわからない」など「アート」というと学生時代の「美術」のイメージが強いのではないでしょうか。

実は「アート」にはいろんなものがあり、学生時代に行っていたことはほんの一部です。「これもアートなの?」と思うものもたくさんあり、アートの定義はとても幅広くなっています。

なかでも、さまざまな地域で行われているアートプロジェクトは、作品発表だけではなく、その制作過程も大事にしています。地域住民との関わりの中で作品が出来上がるだけではなく、彼らとコミュニケーションをとって進めていく制作過程自体が作品の一部になっているのです。

松戸市にあるアーティスト・イン・レジデンスの「PARADISE AIR」も制作過程を大切にしています。「PARADISE AIR」の詳細については、前回のインタビュー記事をチェックしてみてください。

「PARADISE AIR」は松戸だから出来る作品を大切にしています。松戸に滞在するアーティストは、松戸の街や人などからインスピレーションを受けて、「一宿一芸」というコンセプトで作品を作っていくのです。
また、アーティストの活動を通して、住民どうしが出会える機会にもつながっています。

2016年ロングステイプログラムにおけるアーティストの滞在活動の様子

例えば、2015年のロングステイプログラムで滞在していたヴァスコ・ムラオは、約100名の松戸住民へ行った「松戸市内のお気に入りの場所」についてインタビューを行いました。
人々から発せられた思い出やエピソード、そして写真や地図をもとにスケッチし、さらにそのスケッチをもとに緻密な松戸のドローイングを描き、それをのぼり旗にして松戸駅前や商店街に展示しました。

撮影:加藤甫

また、2017年2月に滞在したスペインのアーティスト、アマイア・アラゾーラは地下歩道での壁画プロジェクトを実施しました。「日本と母国のスペインをつなぐ」というテーマで壁画を完成させました。(伊勢丹脇地下歩道)

アマイア・アラゾーラは今回のような屋外に壁画を作成するだけではなく、本の執筆・編集、イラストレーションなど多岐にわたる活動をしており、スペインに戻った後は、松戸での滞在経験をもとに本を執筆する予定です。
先日行われたアートパフォーマンスまつり(会場:青少年会館 2017/2/25)にも参加し、子どもたちを中心に市民と創作活動を通じて交流しました。

アマイアアゾーラの壁画

松戸という街がアーティストたちの作品の要素になることで、私たちにいろんな変化をもたらしてくれます。
たとえば、アート作品を通して今まで気づかなかった松戸の一面が見えてくることがあります。
また、アマイア・アラゾーラの壁画をはじめとして、松戸駅付近にはアーティストによる作品が他にも残っているので、知らず知らずのうちに目に触れているものもあります。

松戸に滞在したアーティストたちの活動で、松戸に住む私たちがどう変化していくのか、それもまた「アート」作品の一部だと考えると、「PARADISE AIR」でどんなアーティストが滞在するのかこれからも注目していきたいと思います。

 

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎大好きなラーメンが見つかる!松戸で人気のラーメン店 ジャンル別まとめ
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10
ラーメン初心者でも食べられる「中華蕎麦とみ田」の攻略法
▶︎松戸のトレンド情報をブログで配信中!

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に1〜2回のペースで更新していくので、ぜひ、いいねで応援してもらえると嬉しいです。
あなたの「ポチッ」とが、記事を書くモチベーションになります!

Facebookでも記事配信中!

トップページへ戻る

へいこ

へいこ

松戸市生まれ、松戸市育ち、松戸市在住の社会人大学院生です。
松戸市の、愉快で面白いアート活動を中心に伝えていきます。
趣味は野球観戦、散歩、妖怪採集
へいこ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ



直近のイベント

12月
23
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
12月 23 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。

松戸のランチ情報

  1. 戸芽主 (ドメーヌ)の店内

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP