産地直送の厳選お肉を味わえる肉食バル「牛吉豚平」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の松戸ランチは、産地直送の厳選されたお肉が味わえる「松戸肉食バル牛吉豚平」です。お店の場所ですが、松戸駅東口から徒歩1分の距離にあるビルの2階になります。
都内では、肉寿司や肉食バルといったお店を見かける機会がありますが、松戸で流行のお店があるのはありがたいですね。

ビルの脇にある階段をのぼって店内に入ると、落ち着いた佇まいのカウンターとオープンキッチンが広がっていました。奥の窓側には4人掛けのテーブル席が5席あり、広いとは言えないまでも、それなりに人数を収容できるようです。

松戸の肉食バル「牛吉豚平」の店内

ランチのメニュー表をみると、矢切ネギを使用した炙り鳥照り丼(680円)、群馬県産もち豚使用したプルコギサラダ丼(880円)、同じく群馬県産もち豚の骨付きサーロインステーキ御膳(1,380円)、A4にいがた和牛の熟成炙りステーキ(1,780円)、A4和牛を使用した春の肉ちらし寿司(1,380円)、新鮮肉刺し五種盛り合せ御膳(1,280円)と、厳選された素材とメニューのバラエティさ、価格帯のレンジの大きさに驚かされます。

どれも美味しそうなので、けっこう迷った挙句に、新鮮肉刺し五種盛り合せ御膳を選びました。ちなみに、別の日にランチで訪れた文化観光国際課のKIBさんは、春の肉ちらし寿司を注文したので、そちらの感想も後ほど紹介します。

ランチを待っている間、ウエイターにお店のことを聞いてみました。すると、以前は、鉄板焼き専門店の「エストレーラ」という店名で営業しており、リニューアルして肉食バルになったそうです。鉄板焼きだとお値段が高いので、肉食バルにすることでより多くの人に利用してもらいやすいようにリニューアルしたそうです。どおりでこの素材のこだわりなわけです。
また、ランチを680円から選べるメニューの価格帯の広さも、多くの人に気軽に食べて欲しいという想いのあらわれだったんですね。

やがて、注文した料理が運ばれてきました。まず感動したのは、その見た目の美しさと、馬刺し、鳥刺しの5種類のお肉にたいして、一つ一つお品書きが添えられていたことです。

新鮮肉刺し五種盛り合せ御膳
なかでも、熊本県産馬刺しの「たてがみ」は、産地直送で鮮度にこだわっていることもあり、通常であれば歯ごたえが硬い肉もやわらかく食べられるのが特徴なんだそうです。

さっそく、その「たてがみ」を食べてみると、適度な脂身でコリコリした食感です。鮮度にこだわってるだけあって、臭みは一切ありません。

馬刺しのたてがみ
それから印象に残ったのは、馬刺しの霜降りです。食感はやわらかく、甘みがあって口の中で溶けそうな美味しさです。
馬刺しだけでなく、秋田県産比内地鶏のももタタキやムネ刺しも、鮮度の良い淡白な味わいを堪能することができました。

馬刺しの霜降り

一方、文化観光国際課のKIBさんからは、「春の肉ちらし寿司」についてこんなレポートを書いていただきました。

ちらし寿しというと酢飯にお刺身などの印象ですが、今回はお肉がちらされています。お肉はこだわりのA4の和牛肉です。タレはニンニク醤油と醤油タレの2種類をお好みでかけます。

まずは何もかけずに厳選されたA4和牛の素材の味を堪能してみます。やはり良質なものを選んでいるため、脂身やすじなどが全くなく、すぐにとろけてしまうような感覚ですぐに次の一口を食べたくなってしまいました。

春の肉ちらし寿司
私自身、お肉が大好きで肉バルに足を運ぶことがあるのですが、これほど手ごろな価格で良質な高級肉を食べられるお店はないのではないでしょうか。

今回は注文できませんでしたが、松戸の名産で知られ、市場には出回らず、料亭などで使われる高級食材の矢切ネギを使った料理や、産地直送の熊本県産馬刺し、新潟A4和牛、秋田比内地鶏などこだわり抜かれた食材を多く楽しむことができます。

ランチにもかかわらず、これだけ素材にこだわった本格的な肉料理を食べられるのは素晴らしいです。
ディナーの時間になると予約でいっぱいになるそうです。こだわり抜かれた食材が楽しめる松戸の名店ぜひ気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

店名: 肉食バル 牛吉豚平 (ニクショクバルギュウキチトンペイ)
住所:千葉県松戸市松戸1176-13 秀姫駅前ビル 2F
時間:11:30~14:30(L・O14:00)月~土
16:00~24:00(L・O 23:00)
定休日:無し

 

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎大好きなラーメンが見つかる!松戸で人気のラーメン店 ジャンル別まとめ
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10
ラーメン初心者でも食べられる「中華蕎麦とみ田」の攻略法
▶︎松戸のトレンド情報をブログで配信中!

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に2回のペースで更新しています!
Facebookでも記事配信中!

 

▶︎トップページへ戻る

Higashi

Higashi

2014年3月から松戸に住み始めて、2015年11月に松戸のブランディングを目的とした「松戸NOTE」を、プライベートでスタートしています。
オフィシャルでは、インターネット業界でマーケティングの仕事をしています。
松戸に住んでる人たちが、ちょっと自慢したくなるようなお店やイベントを見つけては取材して記事していく予定です。
Higashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ

一流ソムリエが教えるワイン塾



松戸のランチ情報

  1. モンラパン
  2. 富田食堂の外観

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP