本土寺の五重塔

約700年の歴史をもつ本土寺、あじさいの数はなんと5万本以上!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あじさい寺として親しまれている松戸の本土寺へ行ってきました。「モヤモヤさま〜ず2」の冒頭部分で紹介されたので、印象に残ってる方も多いんじゃないでしょうか。場所は、JR北小金駅の北口から徒歩10分の距離にあり、5万本以上と言われる境内のあじさいを6月下旬から7月上旬まで楽しむことができます。

その本土寺ですが、元々は源氏の名門平賀家の屋敷跡だったそうです。約700年前(1277年)に、領内の地蔵堂を移したのを起源として、長谷山本土寺が正式名称になります。先日のFoocoさんの記事『花も団子もいただきます♪ 雨も楽しい「あじさい寺」』でも紹介されていましたが、本土寺にたどり着くまでの参道が、ちょっとした旅行みたいで楽しいです。

本土寺の参道

参道を歩いてしばらくすると、1651年に建造された赤い仁王門が目の前に現れます。まさか、松戸でこんなに古い建造物が残されているなんて思いもしませんでした。門をくぐると、石畳が本堂までまっすぐ伸びていました。

本土寺の参道

道なりに進むと受付があります。拝観時間は8:00~17:00(16:30受付終了)、拝観料は大人500円、小学生以下は無料です。
受付をすませて中に入ると、まず先に目を奪われるのが五重塔です。建造されたのが平成3年なので歴史は浅いのですが、本土寺のシンボルとして自然に溶け込んでいます。

本土寺の五重塔

それから本堂でお参りしたあと、いよいよお目当てのあじさいを鑑賞するために、受付から伸びる小道を歩きます。あじさいの見頃なだけに大勢の観光客で賑わっていました。

道の至る所で、惜しげもなくあじさいが咲き誇っています。訪れた時期が6月中旬だったので、少し早かったものの、それでも色鮮やかなあじさいを堪能することができました。

本土寺のあじさい

池の上の蓮の葉がが美しく、弁財天が祀られている一帯を通りすぎ、やがて、日像上人が生まれたとき、清水が湧き出てそれを産湯として使ったとされる御霊水までたどり着きました。

本土寺の弁財天

ここまでの道中、フォトジェニックなスポットがたくさんあったので、参拝者は思い思いに、あじさいの撮影をしていました。
天気が悪かったので、1時間ほど滞在して帰路に着いたのですが、立ち寄るべきフォトジェニックなスポットがあったことに後で気づきました。

弁天堂へたどり着くまでの道が途中で二本に分かれていたので、もう片方の道を歩くと、日朗上人の母を祀る妙明堂があり、そちらを通り過ぎると360度パノラマであじさいを鑑賞できるスポットがあったようです。

今回は、あじさい目当てでしたが、紅葉の季節や桜の季節も景観が美しいようです。松戸で大好きなスポットが1つ増えました。次は、紅葉を見に訪れたいと思います。

 

場所:本土寺
住所: 千葉県松戸市平賀63
時間:8:00~17:00(最終 16:30)

 

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎大好きなラーメンが見つかる!松戸で人気のラーメン店 ジャンル別まとめ
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10
ラーメン初心者でも食べられる「中華蕎麦とみ田」の攻略法
▶︎松戸のトレンド情報をブログで配信中!

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に2回のペースで更新しています!
Facebookでも記事配信中!

 

▶︎トップページへ戻る

Higashi

Higashi

2014年3月から松戸に住み始めて、2015年11月に松戸のブランディングを目的とした「松戸NOTE」を、プライベートでスタートしています。
オフィシャルでは、インターネット業界でマーケティングの仕事をしています。
松戸に住んでる人たちが、ちょっと自慢したくなるようなお店やイベントを見つけては取材して記事していく予定です。
Higashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ



直近のイベント

12月
23
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
12月 23 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。

松戸のランチ情報

  1. 戸芽主 (ドメーヌ)の店内

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP