空き家活用プロジェクト「どうすれば松戸でいいお店が生まれるのか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家活用プロジェクト

先日、「空き家をつかったみんなの居場所づくり展」というイベントが開催されました。
舞台となった空き家は、オーナーさんの「そのまま空き家にしておくのは勿体ない」「地域のために活用してもらいたい」という強い思いがあり、活用プロジェクトが立ち上がったとのこと。

このプロジェクトは、MAD Cityを運営している株式会社まちづクリエイティブと、株式会社あゆみリアルティーサービスが主催する形で、千葉大学大学院園芸学研究科の「環境造園プロジェクト演習Ⅲ」(担当:木下勇教授・霜田 亮祐准教授)に参加した大学院生たちと協力して進められました。

そして、2月19日~21日に、千葉大学大学院園芸学研究科の課題展示と「食」・「空き家活用」にまつわるトークイベントという内容でおこなわれたのです。
今回は、そのうちの2月20日のイベントの様子についてお伝えしたいと思います。

取材に応じて頂いたのは、同大学の園芸学部に所属している木村さんと三田さんのお二人です。
木村さんはフクロウのブローチをつけていたのですが、彼女いわく1番キモいから選んだということでした(笑)

食べられる景観

さっそく、空き家プロジェクトに千葉大学の学生が関わることになったきっかけについて聞いてみました。

「千葉大学が取り組む文部科学省の「地(知)の拠点整備事業(COC)」の一環で、実習の課題として、この空き家が取り上げられました。
課題は、松戸駅から戸定邸や千葉大園芸学部までの「緑の回廊」の全体計画と、そのルートに位置する、この空き屋をいかに活用するかという2つの提案です」

chbadai

木村さんの話では、全体計画では松戸駅から緑の回廊をどういうアプローチでつなげるのかというのがテーマだということです。
緑の回廊は、千葉大学・市民・松戸市による協働プロジェクトで、戸定が丘公園と千葉大学園芸学部のある戸定が丘の地域一帯の文化や歴史、緑の拠点としての価値を伝える活動だそうです。

そして、今回の課題を進めるにあたって木下先生から紹介されたのが、「食べられる景観」で地域の再生に成功したイギリスの事例になります
イギリスの主婦たちの間で、食べることは誰でもできるから、街中の植栽に食べられる植物を植えてみんなで手入れし、ともに料理をして食事する機会をつくることで人と人がつながっていったとのことです。そして植栽を植えても管理が大変なのですが、管理をみんなで分担する必要があることで、むしろそれゆえに持続可能な地域コミュニティを生み出したそうです。

「食」はコミュニケーションツールとして優秀

そんな展示会の流れを受けつつ、「食」のスペシャリストであり、一度食べたらその料理を再現できてしまうという特殊スキル(!)をもった中山晴奈さんのトークイベントが始まりました。

中山さんは、フードデザイナーズネットワークというNPO法人を運営されていて、主に地域の「食」の課題について、そこに住む地域の人材を育成することで解決していくといった活動をされています。

12747501_907652662686769_4864259966394294051_o

その中山さんいわく、「食」というのはコミュニケーションツールとして優秀なんだそうです。

たとえば、仮設住宅で生活している人たちは、集落を解体されて狭いところに押し込められていて、震災前と比べて笑う機会が減ってしまったそうです。
もともとその集落は漁業をやっていて、流通しないワカメの茎を家に持ち帰って漬物にして食べていました。
そこで、そのワカメの茎の漬物を持ち寄る場をつくると、みんな漬けかたが違って「何だこれは」みたいな感じで話が盛り上がり、久しぶりに笑うことができたというエピソードを紹介してくれました。

そういえば、職場で苦手な相手がいたとき、お菓子をさりげなく配ったりすると距離感が縮まるって話もありますからね。
大阪のおばちゃんは、つねに「飴ちゃん」をポケットに忍ばせて、さっと出してきます(笑)

どうすれば松戸でいいお店が生まれるのか

中山さんのトークイベントでは、ケータリング業界の裏事情や、「食」を通じてどんな街おこしをやってきたかなど、面白いエピソードがたくさん出てきました。
そのなかでも、今回のテーマの核心に触れた話を紹介します。

fooddesign2

それは、会場からのある質問でした。

「素人の発想でいうと、家賃が安くていい物件があって、それを借りた料理人が、接客も得意で料理が上手ければ、飲食店はうまくいくんじゃないかと思ってしまうが、そうじゃないってことですよね。こうすれば地域でいいお店を持てるというアドバイスありますか?」

「料理人は頑固な人から、上手にコミュニケーションをとれる人までピンキリなので、地域の人たちがそのお店を支えてあげられるかどうかが大事だと思います。
お店は育つものなので、お店をやっている人が育つというよりは、お店がみんなに支えられて育つんです」

お店単独で頑張るんじゃなくて、街が残していく努力をしていかないとお店は残らないので、地域の人たちがお客になる努力も必要だそうです。
さらに、こんな質問が続きました。

「お客のフィードバックをうまく取り入れているのがコンビニで、どんどん改善されていってますよね。飲食店でただ食事をしてお金を支払うだけでなく、何かアイデアを出したり協力もするためにはどうしたらいいでしょう」

「それが1番難しいことで、お客がまた来てくれてお金払ってくれるかのが指標になるんですけど、あんまり介入しすぎるとコミュニティカフェみたいになって経済活動としてそれは違う。フィードバックの仕方がお金じゃなくなっていくと、お客さんとなる人の層も狭くなっていくので、これまでの地域と食とお金のあり方にイノベーションを起こす必要もあると思います」

簡単に「参加」できて、何度も足を運んで「支える」 = 地域の 「居場所」

私は、イベントが終わってから、この話がずっと頭の中に残っています。
たしかに、大好きなお店が松戸にできても頑張って通わないと残っていかないですよね。

DICOOL2

「食」から話がそれてしまいますが、松戸市役所の近くに「DICOOL」という靴磨きのお店があります。
そこで働く安井さんという方の腕が神技すぎて、ボロボロの靴を新品以上に仕上げてくれるのですが、オープンして間もないころはお客が来ないと悩んでいたのです。
幸いなことに、今ではリピーターが増えつづけて忙しく働いています。

思い返してみると、私も、わざわざ古い靴を持ち出してはお店へ足を運んでお客になる努力をしていたのです。
磨く靴がないときでも、ふらっとお店へ寄ってはカウンター越しに職人技を見せてもらったりして、いつの間にか「居場所」になっていました。

今回の空き家プロジェクトで、「食」とコミュニティーの可能性について触れることができました。
食べることは誰でも簡単に「参加」できて、地域の人たちが何度も足を運ぶことでお店を「支える」ことが大事なんですね。
もしかしたら、それはかつての「駄菓子屋」のようなものかもしれないと思いつつ、空き家プロジェクトの現場を後にしました。

 

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎ラーメンの激戦区、松戸でおすすめのラーメン店
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に1〜2回のペースで更新していくので、ぜひ、いいねで応援してもらえると嬉しいです。
あなたの「ポチッ」とが、記事を書くモチベーションになります!

Facebookでも記事配信中!

トップページへ戻る

Higashi

Higashi

2014年3月から松戸に住み始めて、2015年11月に松戸のブランディングを目的とした「松戸NOTE」を、プライベートでスタートしています。
オフィシャルでは、インターネット業界でマーケティングの仕事をしています。
松戸に住んでる人たちが、ちょっと自慢したくなるようなお店やイベントを見つけては取材して記事していく予定です。
Higashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ



直近のイベント

7月
28
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
7月 28 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。
8月
25
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
8月 25 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。
9月
22
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
9月 22 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。
10月
27
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
10月 27 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。

松戸のランチ情報

  1. 洋食屋かもん

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP