賃貸だけど自分らしい住まいが実現できる!松戸の「DIYリノベ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピカイチのDIYマンション「いろどりマンション」

2016年3月12日(土)に、MAD Cityが主催している「DIYリノベ」体験ワークショプが開催されましたので取材してきました。舞台となったのが、松戸でもピカイチのDIYマンションである「いろどりマンション」になります。

いろどりマンション」 は、築41年になるレトロかつ綺麗な外観を保った大型分譲マンションです。お部屋は3DKと広めですが、MAD Cityが仲介することで賃貸マンションとして入居者を募集しており、賃貸なのにフルリノベーションができるマンションということで、DIYに関心のある 人たちの注目を集めています。

解体ワークショップの体験レポート

今回のワークショップは、その「いろどりマンション」の内装を自分たちの手で解体して、普段見ることのできない構造や配管設備を勉強しましょうというのがテーマになります。リノベーションの予行練習にもなるため、参加者は、すでに「いろどりマンション」に住んでいる方や、これから住む予定の方たちが大半でした。

25716108896_25dc507f5f_o

画像引用元:MAD City 参加者に部屋の図面が渡され、講師の職人さんから解体作業について説明がおこなわれます。

まずは、どうやって解体作業をおこなうのか講師から説明がありました。たとえば壁を壊す場合、壁に付いている板などをバールをつかって順番ずつはがしていくようにとアドバイスがあり、実際にお手本を見せてくれます。

25647089901_fbeb85026b_o

画像引用元:MAD City 押入れの解体についても、棚の真ん中からノコギリを入れていくなどのアドバイスがあり、実際に参加者の1人が指導を受けながら切っていきます。

ひ ととおり説明がすむと、参加者たちの解体作業が始まりました。皆、はじめこそ慎重に解体作業をおこなっていましたが、しばらく経つと慣れた手つきで解体し ていきます。参加者の多くがDIYや日曜大工に関心が高いからなのか、それともワークショップということで思い切りよく解体できるからなのか分かりません が、解体作業はスムーズに進行していきました。

25115539423_f3f22d7765_o

画像引用元:MAD City 壁に付属している板ををバールではがしたら、ベニヤ板に切れこみを入れて手を使ってはがしていきます。

壁 のベニヤ板をはがしていくと、壁の骨組みが露になっていきます。その際、コンセントのついている部分は慎重に周辺を解体していき、感電しないように配線を 絶縁テープで巻いていきます。ワークショップでは、丸ノコや電動ノコギリといった電動工具の使い方についても、講師から丁寧なレクチャーがありました。

25742169905_639c230e3b_o

画像引用元:MAD City 講師が見守るなかで、丸ノコにチャレンジするワークショップ参加者

解体ワークショップ参加者の感想

順調に解体作業が進むなか休憩時間を挟んだため、参加者に話を聞いてみました。

―どこの解体をされたんですか?
壁の解体をやりました。ベニヤは思ったより薄かったですね。構造合板を使ってると思ったんですけど違いましたね

―ずいぶん詳しいですね。普段からDIYやリノベーションに関心があるんですか
今、住んでるのは賃貸ですが、フローリングの上にフローリングマットを張ったりしてリノベーションを楽しんでいます。解体作業は初めてです。このマンションに住むときにリノベーションをどこまで自分の力でやれるのか確認したくて参加しました

―実際に参加してみて、どれくらいやれそうですか
物理的には可能かもしれませんが、仕事が終わった後に作業をやるのかという問題になるので、コストを業者と相談して、1番パフォーマンスのよい組み合わせでまずは住めるようにしないといけないなと感じました

―どんなリノベーションを計画されているんですか
ダイニングと洋室を完全にフラットにしたLDKにして、壁は針葉樹の模様がある構造用合板を使うつもりです。床はフローリングではなくてフローマットにし て白ペンキを塗る計画です。あとはキッチンをアイランド型にして、リノベーション前のダイニングルームから洋室まで続く感じですね。家にコーヒーメーカー が10個ほどあるので全部並べようかなと思ってます。

まさに、DIYリノベマンションならではの構想で、夢が広がる話ですね。

「いろどりマンション」はリノベーションでこんなに変わる

私 も、初めてDIYリノベーションのワークショップに参加したわけですが、築41年のマンションでもしっかりと基礎が作られている建物なら、解体作業をする ことで新しく生まれ変わることができるんだなと感じました。今回、解体作業の講師をしてくださった木村建造株式会社の事務所が同じマンションの1階にあ り、リノベーション後の生まれ変わった部屋を確認できます。

tpc-lif-reno-040_main

画像引用元:MAD City リノベーション前の部屋を見ているだけに、同じ部屋とは思えないほどの完成度の高さです。

なお、ワークショップの舞台となったいろどりマンションでは、現在新たに入居者を募集しているそうです。

 

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎ラーメンの激戦区、松戸でおすすめのラーメン店
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に1〜2回のペースで更新していくので、ぜひ、いいねで応援してもらえると嬉しいです。
あなたの「ポチッ」とが、記事を書くモチベーションになります!

Facebookでも記事配信中!

トップページへ戻る

Higashi

Higashi

2014年3月から松戸に住み始めて、2015年11月に松戸のブランディングを目的とした「松戸NOTE」を、プライベートでスタートしています。
オフィシャルでは、インターネット業界でマーケティングの仕事をしています。
松戸に住んでる人たちが、ちょっと自慢したくなるようなお店やイベントを見つけては取材して記事していく予定です。
Higashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ



直近のイベント

11月
25
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
11月 25 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。

松戸のランチ情報

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP