魔乃巣 カレーつけ麺

バーで食べる一風変わったつけ麺 「魔乃巣」のカレーつけ麺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バーのような店内、夜営業のみ、カレー風味のつけ麺…松戸ではなかなか見られないワードがとても気になるお店、「魔乃巣」に行ってきました!

松戸駅西口から徒歩5分ほどでお店に到着、西口のデッキを降りて市民劇場を右折、天廣堂の少し先にある整骨院を左折したところにお店があります。向かいには戸芽主があります。一見バーかラーメン屋か判断しづらいオシャレな外装が目印です。店内もバーのようにオシャレなんですよ!

魔乃巣 外観

今回注文したのは「カレーつけ麺」(850円)、名前のとおりカレー風味のつけ汁を絡ませて食べるなかなか珍しいつけ麺です。麺の中盛・大盛はプラス100円で対応してくれます。

着丼と同時にカレーの香りを届ける魅惑のつけ汁、「アツアツ」でなく「温かい」程度に温度調整されているのが、スパイスをふわっと香らせる秘訣なのでしょうか。中には厚めにカットされたメンマとチャーシューが入っています。チャーシューは炙ってあって、この香りがまた食欲を増進させてくれるんですよね!

魔乃巣 カレーつけ麺

麺の固さや太さ、温度も絶妙です。やや固め、常温程度に調整された中太麺は、スープを適度に持ち上げます。「辛い」というよりも「深い」味わいを届けてくれる麺は、ずずっと強くすするのが美味しく食べるコツ。(汁が飛ぶのが心配な方は、紙エプロンもあります!)

最後まで同じ温度で食べられるのが、お店の気遣いを感じられるポイントですね!赤い辛みスパイスがかかっているのですが、こちらも強烈な辛さはなく、「スパイシー」という表現が合うものです。そして…麺に一切れ乗っている鴨のローストが至上の贅沢、食べるタイミング悩んでしまいますね。

魔乃巣 麺

麺を増量しなかったのもあり、ご飯ものも一品注文しました。それがこの「まかないごはん」(350円)。先ほどの炙りチャーシューがぶつ切りと厚切りの2種類、そしてとろける黄身の甘みが魅力の味玉が乗ったかなりボリューミーなどんぶりです。写真の玉子の下に少し見られるのですが、この下にはシャキシャキのネギが敷いてあります。「肉・ネギ・米」がそれぞれの歯ごたえで主張してきて、かなり食べ応えがあります。

魔乃巣 まかないごはん

そしてこの「ネギ」、魔乃巣を楽しむキーアイテムなのです。麺を食べ終わったあとに「スープ割り」をしてもらえるのですが、足されるネギにスープが染み込んで、歯ごたえとカレーの風味を同時に楽しむことができるのです。割りスープの温かさ、カレーのスパイスと相まって、体を芯から温めてくれます。割った後のスープはつけ汁とはまたひと味違う、まるで和の名店のカレーうどんを彷彿とさせるようなほっとする味です。

「笑ゥせぇるすまん」に登場するバー、「魔の巣」を思い出す店名ですが、つけ麺の方もまるで喪黒福造のサービスのように中毒性があるお店でした。「また食べたい」「他のメニューも気になる」と思わせる魅惑の味に一度触れてみてはいかがでしょうか!

 

店名:魔乃巣
住所:千葉県松戸市本町14-9
営業時間:18:00~26:00(25:45)

わたなべゆう

わたなべゆう

松戸がおかしな活動で満たされることを願う元公務員。
おいしいお店や珍しいイベントを中心に紹介するライター。
イベントや店舗に立ちふさがる法律の壁をぶっ壊すために、行政書士試験の勉強中。
MCバトル、大食い、物々交換にハマっている。
わたなべゆう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ



直近のイベント

12月
23
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
12月 23 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。

松戸のランチ情報

  1. アルベロフェリーチェの外観
  2. 戸芽主 (ドメーヌ)の店内

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP