さくら通りにおしゃれなカフェが出現!客席は商店街という新しい発想のプロジェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八柱駅のさくら通りにオープン予定のカフェ「one table coffee」のキックオフイベントがあったので参加してきました。

駅から歩くこと5分、桜の並木道に、なにやら賑やかな一帯があるなと思ったらそこが会場でした。参加者は軽く30名以上はいた印象です。

この辺りは、もともと商店街だったそうですが、徐々に空き店舗が増えシャッター街になっていたそうです。
そこに、omusubi不動産というDIY賃貸を取り扱う不動産がオープンし、それから建築設計事務所、アンティークショップ、てんぷら屋と次々にお店ができて、最後の空きテナントだった場所を、まさにこの通りにお店を構えるメンバーが中心になってカフェを作ることになったというのが背景なんだそうです。
なんだか小説に出てきそうな話ですが、実際に松戸で起きてることなんですよね。

八柱にあるオシャレなカフェ

キックオフイベントでは、コーヒーやお酒、お菓子などが販売されただけでなく、30分ほどのトークイベントでこのカフェの計画や想いを聞くことができました。
それによると、ただコーヒーを出す場所ではなくて、人と人がつながる「ただいま」と言える場所、地域の人が集まる場にしたいということです。

そしてここからが驚きなんですが、店内はテーブルも椅子もおかずに、白い壁にプロジェクターで映像を流すというのをやるそうです。
では、お客はどこでくつろぐのかと言うと、カフェの外に設置したベンチに座るか、店内にある長いテーブルをはさんで立ちながら話すか、そういう空間を目指してるんだそうです。
実にユニークで面白い場の作り方だなと思いました。

八柱にあるカフェ one table

おそらくですが、これからオープンするカフェは日本家屋の縁側を意識してるんでしょうね。
つまり、カフェの中と外の境をなくしてしまって、誰でもふらっと立ち寄れて、知らない人どうしが気軽に話せる場をテーブルを1つにすることで演出しようとしてるんじゃないでしょうか。
それこそ、昔の日本の家屋には縁側があって、隣近所の人がふらっと来ては立ち話をして帰る場所があったんですよね。
まあ、カフェの関係者から直に聞いたわけではないので、そうだったらいいなという願望でもあるんですけどね。

one tableのカウンター

それから、今回、カフェをオープンするにあたって、本来であれば1000万円近く必要であろう資金の10分の1以下ではじめようとしているという話がありました。
それを可能にしたのが、同じ商店街に店を構える不動産会社や建築設計事務所、アンティークショップがそれぞれの得意分野を生かしたことと、周囲の協力があったからだそうです。
このカフェがうまくいくことで、お店をはじめたいと思ってる人のハードルを下げたいという想いも語ってくれました。

one tableのテイクアウト

オープンは7月上旬を予定しているとのことですが、松戸に限らず、日本全国でみてもユニークで質の高いチャレンジをしようとしているのは伝わってきました。
これから、周囲の人や商店街を巻き込んでいくくらいに、このカフェがハブとなって洗練されたカルチャーや情報が発信されていくと面白そうですね。

 

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎ラーメンの激戦区、松戸でおすすめのラーメン店
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に1〜2回のペースで更新していくので、ぜひ、いいねで応援してもらえると嬉しいです。
あなたの「ポチッ」とが、記事を書くモチベーションになります!

Facebookでも記事配信中!

トップページへ戻る

Higashi

Higashi

2014年3月から松戸に住み始めて、2015年11月に松戸のブランディングを目的とした「松戸NOTE」を、プライベートでスタートしています。
オフィシャルでは、インターネット業界でマーケティングの仕事をしています。
松戸に住んでる人たちが、ちょっと自慢したくなるようなお店やイベントを見つけては取材して記事していく予定です。
Higashi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ



直近のイベント

11月
25
9:00 AM 松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道
11月 25 @ 9:00 AM – 3:00 PM
松戸東漸寺骨董市&手作りマーケット @ 東漸寺参道 | 松戸市 | 千葉県 | 日本
※主催者からの告知依頼による情報掲載です。 東漸寺山門から仁王門にかけての参道にて骨董市を開催しています。 旧家の蔵に埋もれていた古伊万里やお椀・重箱 お屋敷に飾られていた柱時計やシャンデリアや絵画・掛軸 江戸明治の黎明期から大正昭和にかけて作られたガラスの食器類 デッドストックからやっと日の目を見ることになったおもちゃ類 大正ロマン漂う着物・帯や古布 古民家で永く使われてきた火鉢や鉄瓶などの生活雑貨 カメラ・懐中時計などのコレクターズアイテム 各流派向け茶道具、香道具や花器など、その他、ミッドセンチュリーや西洋アンティークなど多岐にわたる品揃えで皆様のご来場をお待ちしております。 初回手作りマーケットは大盛況で終了しました。2016年4月23日(土曜日) 出店者様のご紹介です。←クリックしてください。 また、東漸寺仁王門から境内にかけての参道に手作りマーケットを開催します。 フリーマーケットではありません。 すべて手づくり品の青空マーケットです 手作り服、リメイク服、人形、おもちゃ、絵本、ストラップ バッグ、布製品、革製品、木工品、家具、寄植え フラワーアレンジ、アクセサリー、レジン細工、陶器 ガラス細工、ペットグッズ、似顔絵、イラストなど・・・ 手作り品にこだわる方への販売、購入のマーケットです。   貸しテーブルと椅子の料金 手持ち出店者様用に机(60cmx120cm)1台とイス1脚のセットを1000円でレンタルいたします。(追加机1台700円、追加イス1脚300円) お申し込み時にご予約ください。数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。 手作りマーケットには、フリーマケットとは違うルールが御座います。 出店ご希望の方は、下記のルールをご理解の上、お申し込みください。

松戸のランチ情報

  1. ラーメン二郎

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP