富田食堂の外観

あの松戸中華そば「富田食堂」が移転&リニューアル! 絶品の新メニューが登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名店「とみ田」の味を楽しめ、昔ながらのラーメンのようなオリジナルメニューも楽しませてくれていた「富田食堂」。新メニューを引っさげてリニューアルと聞きつけ、食べに行ってきました!

場所はほんの少し駅に近くなりました。松戸駅東口を出て、ステーションビル(文房具屋の木屋さんのところ)を抜けて右折、居酒屋のしちりんさんの隣にあります。前の店舗があったビルのちょうど裏のビルです。

店内ですが、移転前に比べて客席がかなり増えました。カウンター7席のみだったのが、カウンターはこれまでの倍以上の席数で、テーブル席も4カ所ほどあったので、以前にも増して「並ばずに美味しいラーメンが…」という期待が広がります。

富田食堂の店内

富田食堂 テーブル

しかし、さすがは人気店。オープン直後ということも手伝って店内は満席でした。
ただ、回転は早いので、外に3人ほど並んでいても5分弱で席に案内してもらえました。「厳選素材」を見ながら、ラーメンを待ちます。産地とブランドが記載された、こだわり食材のラーメンは、スペシャルサンクスで名前が挙がっている「支那そばや」さんを彷彿とさせますね!

今回は編集部ふたりで取材して来たので、新メニュー「中華そば」(820円)を塩・醤油の両方の味でご紹介できればと思います!
まずは塩。6種もの地鶏から取ったスープに、かえしには国内外の岩塩・海塩を使用しています。非常にあっさりとした飲み口で、まるで水炊きのような風味、地鶏の素材の味を直接届けてくれます。

富田食堂 中華そば塩

麺もこだわりの小麦粉を使用した自社製麺。スープの風味の中で「ほのかに小麦を薫らせる」絶妙なバランスで作られています。濃いスープでは麺が無味になってしまいますし、これ以上繊細なスープになると逆に麺に主役を持っていかれてしまうところ、両者が引き立て合って風味を出しています。

富田食堂の中華そば塩

次に醤油です。スープ、麺は同じものを使用していますが、かえしは2種の熟成醤油で作られています。スープにほんのりと浮かぶ油の輝きが、食欲を増進させてくれます。あっさりとしていますが、やや塩よりも味が強め。「濃い」というよりも「深い」という表現が近く、クセになる味です。

チャーシューは、もも肉の最も柔らかい部分「シンタマ」を使って作られているそうです。「優しくつまんでギリギリくずれない」限界点を目指したようなチャーシューは、やや味も濃く、優しい味の中華そばにインパクトを加えています。

富田食堂 中華そば醤油

半熟味玉(100円)も同様に、この中華そばの中にあって存在感を放っていました。ほのかに薫る燻製のかおりと、トロッととろける黄身。チャーシューと玉子は、後に取っておいて食べるのがオススメですよ!

もちろん従来のメニュー「煮干そば」と、とみ田の「濃厚つけ麺」も残っていますので、そちらもぜひ楽しんで欲しいものです!

 

店名:松戸中華そば富田食堂
住所:千葉県松戸市松戸1239-1
時間:10:00~24:30
定休日:なし

 

最後に、松戸の魅力についてまとめたページを紹介します。
▶︎大好きなラーメンが見つかる!松戸で人気のラーメン店 ジャンル別まとめ
▶︎松戸駅周辺でおすすめのランチTOP10
ラーメン初心者でも食べられる「中華蕎麦とみ田」の攻略法
▶︎松戸のトレンド情報をブログで配信中!

 

◆Facebookで応援してもらえると嬉しいです!

記事を週に1〜2回のペースで更新していくので、ぜひ、いいねで応援してもらえると嬉しいです。
あなたの「ポチッ」とが、記事を書くモチベーションになります!

Facebookでも記事配信中!

 

トップページへ戻る

わたなべゆう

わたなべゆう

松戸がおかしな活動で満たされることを願う元公務員。
おいしいお店や珍しいイベントを中心に紹介するライター。
イベントや店舗に立ちふさがる法律の壁をぶっ壊すために、行政書士試験の勉強中。
MCバトル、大食い、物々交換にハマっている。
わたなべゆう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ

一流ソムリエが教えるワイン塾



松戸のランチ情報

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP