とら食堂 麺

本場白河ラーメンの味を松戸で!「とら食堂」の中華そば

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あっさりからこってりまで、様々なラーメンがしのぎを削る激戦区松戸市!当然のように「これが松戸のご当地ラーメン」というものが生まれづらく、ご当地ラーメンがある地域をうらやましく感じることもありますよね。今回は福島県白河市にルーツを持つ白河ラーメンの「とら食堂 松戸分店」をご紹介したいと思います。

松飛台駅を出て徒歩1分ほど、八柱霊園方面に歩いたところにお店があります。駅近ですが写真のとおり駐車場もあるので、電車だけでなく車で行くことも可能ですよ。

とら食堂 外観

今回は、中華そば(680円)にチャーシューをトッピングした焼豚麺(880円)と味玉(100円)を注文しました。具はのり・ほうれん草・ナルト・ネギが入っています。醤油ベースの澄んだスープがとら食堂の特徴、スープの上に光る油がより食欲をそそってくれますね。鶏ガラと野菜の香りがにじみ出たスープは、レンゲで何回すくっても飽きがこない味です。味玉含め、味付けは薄めなので、スープや麺と合わせて、その相性を楽しむといいと思います。あくまで主役はスープと麺!

とら食堂 スープ

さて、その麺は自家製というよりも「手打ち」と呼んだ方がしっくりくる、やや不揃いな平打ちの縮れ麺です。この形がスープを適量持ち上げるのに一役買っているわけですね。優しいスープなので、ある程度量を多めに絡ませてくれる麺がぴったりなのかもしれません。すすったときの跳ねるような弾力も平打ちならではの感覚で、食べ応えがあります。

とら食堂 麺

チャーシューを増量したこともあり、麺を増量しなくてもかなり満腹になります。実は、チャーシューは写真で見える量の倍くらいが下に隠れていて、かなりボリュームがあります!

そこで、味変アイテム「玉ねぎのみじん切り」の出番です。白河ラーメンの優しい味に、ガツンとインパクトを与えてくれる玉ねぎ。よくラーメンにニンニクを入れるお店はありますが、ニンニクほどではなく適度に香りが強くシャキシャキとした玉ねぎは、鶏ガラにはぴったりのトッピングですね。

とら食堂 玉ねぎ

とら食堂 玉ねぎ スープ

中華そばでは鶏ガラや野菜のコクを存分に引き出しているので、ホタテやエビ粉を使用した塩そば(730円)も素材の味が生きた逸品になっているのではないかと期待させられます。次はぜひ塩をいただきたいと思っています。

白河市の重要な観光資源のひとつになっている白河ラーメンは、この「とら食堂」が発祥らしいですよ!そして「とら系」のお店は福島のほか関東各地にも進出しているのですが、「とら食堂」の名を名乗っているのは松戸分店のみだそうです。本場の味を松戸で楽しめるのは、本当にぜいたくですね。

 

店名:とら食堂 松戸分店
住所:松戸市紙敷1-8-6
時間:11:00〜14:30、17:00〜21:00
定休日:火曜日

わたなべゆう

わたなべゆう

松戸がおかしな活動で満たされることを願う元公務員。
おいしいお店や珍しいイベントを中心に紹介するライター。
イベントや店舗に立ちふさがる法律の壁をぶっ壊すために、行政書士試験の勉強中。
MCバトル、大食い、物々交換にハマっている。
わたなべゆう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラアマ

一流ソムリエが教えるワイン塾



松戸のランチ情報

  1. ラーメン二郎

インスタグラムギャラリー

PAGE TOP